飲酒と喫煙が免疫力を下げる

飲酒と喫煙が免疫力を下げる原因の1つです。
連日飲酒をしている習慣がある人は、それが適切な量か確かめましょう。
煙草にはニコチンなど大量の有害成分が含まれています。
これらを攻撃し、排除するために、免疫系が疲弊してしまっては、体に疲れがたまって元気がなくなってしまいます。

夜遅くの飲酒は禁物!

夜遅くに飲酒をしてしまうと、就寝した後にも肝臓をはじめととする体の機能は、アルコールを分解して体に無害なものにするために必死で働かなければなりません。
それと同時に免疫系も休息する暇がありません
連日飲酒の習慣のある人は、それが適切な量かどうか考えてみることが大切ではないでしょうか。
二日酔いで翌朝の気分が悪い、頭痛がする、といった症状があるならば、お酒の量を控える必要があるのではないでしょうか。

たばこが免疫系を疲れさせる

たばこにはニコチンなど大量の有害成分が含まれています。
これらを攻撃して体外に排出するのも免疫系の仕事です。
そのため、あまりにたばこの有害成分が多いと、免疫系が疲弊して、ついには免疫力自体が弱まってしまうのです。
喫煙によって、がんになる確率も大幅に上がってしまいます。
たばこは控えたほうが賢明でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *