運動不足で免疫力が下がる!

運動不足も免疫力を低下させる原因です。
免疫細胞の中でも、血液中を純記しているリンパ球の一種「NK細胞」は、運動することで活性化し、運動を止めると活性が低下します。
運動をするかしないかによって、免疫細胞の働きが左右されるのです。

どのような運動がいいのか?

免疫系の中でも、血液中を循環しているリンパ球の一種「NK細胞」は、運動をすることで活性化し、運動を止めると活性が低下します。

  • 2時間以内の習慣的な運動
  • ウォーキングなどの有酸素運動

2時間以内の習慣的な運動がいいわけは?

NK細胞は激しい運動、2時間を超えるような長時間の運動をすると、著しく活性が低下します。
そのため、継続した運動の習慣を持つほうがいいでしょう。
1回だけの無理した激しい運動は、かえって体に負担をかけて免疫力を低下させます。

有酸素運動がいいわけは?

ウォーキングなどの有酸素運動のほうが、血行を良くし、脂肪の燃焼を促すからです。
また、楽しく運動をすることも大切です。
楽しんだり、快感を得ると、βーエンドルフィンというホルモンが分泌され、これがNK細胞と結びつくとさらに免疫力が上がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *