年齢とともに免疫力は低下する?

免疫力が低下する原因には様々ありますが、その中でも避けられないのが、年齢による免疫力の低下です。
成長するにしたがってだんだんと免疫力が高くなり、免疫力のピークは20歳前後といわれています。
しかし、そのピークを過ぎてしまうと、免疫力は徐々に下がってきます。

ピークを過ぎても免疫力を維持する方法とは?

若いうちから規則正しい生活を送り、しっかりと健康な体を作っていくことです。
そうすれば、年齢を重ねても免疫力を維持していくことが可能です。
また、年齢にかかわらず、毎日の生活を改善ンすることで免疫力をアップさせることができます。
年齢だから仕方がない、と思わずに免疫力を高める習慣を身につけましょう。

高齢者には命の危険も

加齢による免疫力の低下によって、高齢者は様々な病気にかかりやすくなってしまいます。
若者ならばたいしたことなく完治する感染症、食中毒でも、体力、免疫力ともに低下している高齢者には命を落とす危険性があるのもです。
糖尿病や高血圧などの生活習慣病も、免疫力が低下しているためにからdの機能がうまく働かないことが原因です。
がんも、免疫力の以上によって引き起こされます。
高齢者が感染症や食中毒にかかった場合、様子を見て悪化した際にはすぐに病院の診察を受けましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *